エイチームが第二四半期の決算を発表

ul
エイチームの第二四半期決算は、売上6857百万(18.4%増)、経常利益1060百万(115.5%増)、682百万(156%増)となった。経常利益は前期比2.1倍と素晴らしい結果だったが、実は売上は期初の業績予想70億を若干下回った結果だった。

開発会社や別の業態からゲームに移行する会社は少なくないが、ゲームに依存することでヒット作が出ず苦しむ会社も多い。そんな中エイチームの強みはライフサポート事業という別の事業を持っていること、売上比率も丁度50%50%でいずれも成長している良いポートフォリオだ。

ゲームも一発屋ではなく、大ヒットのダークサマナーに続き、ダービーインパクト、ユニゾンリーグと、同じSAPのコロプラやガンホーのようなインパクトのあるヒットではないものの、コンスタントに当てているところも業績が安定している要因だろう。今回のQは過去最高とのことなので今後の成長にも期待だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>